購入する婚約指輪で悩んだら婚約指輪のランキングを確認してみよう

婚約指輪の素材

ダイヤモンドのバングル

指輪のデザインは、アームのデザインと、ルースストーン(宝石)のセッティング方法によってイメージが変わります。
そこで、アームのデザインとセッティング方法の詳細をご紹介します。
まず、アームとは指輪の石を支えている部分のことで、指を通すリングの輪のデザインそのものになります。
最もシンプルかつベーシックな「ストレート」をはじめ、ゆるやかなウェーブがかかった「S字」、手の甲へ向かってV字型のデザインとなる「V字」、2本のリングを一か所でクロスさせた「X字」などがあります。
一方、セッティングとは、ルースストーンをアームに設置することを言います。
1石のダイヤをたて爪で配置した「ソリティア」、メインストーンの左右に小粒のダイヤを配置した「メレ」、石畳のように小粒のダイヤを敷き詰めた「パヴェ」、リングの周囲に途切れることなくダイヤを並べた「エタニティ」などがあります。

少し前までのブライダルジュエリーと言えば、婚約指輪は「ソリティア」、結婚指輪はストーンの無い「ストレート」が定番中の定番でした。
その理由は、以前はブライダルジュエリーに対する考え方が固定的であったことと、今ほど複雑なデザインの指輪を制作する技術が無かったためです。
しかし、最近のブライダルジュエリーのトレンドは、二人の好きなデザインのものを自由に選ぶ傾向が強くなってきています。
先ほどご紹介したアームのデザインやセッティング方法にバリエーションがあるだけでなく、地金に使う金属の色やアームの太さなど、些細な部分まで思い通りのデザインを選ぶことができるようになりました。
自分たちの環境や生活の状況と照らし合わせて、ピッタリなブライダルジュエリーを選びたいですね。